3大お困りごとの"お金"、"人財"、"未来"を見える化。お困りごとを解決します。

◆ 利益の種類

前回は利益のうち、売上総利益(粗利益)と営業利益のお話をしました。 簡単に振り返ると、売上総利益は売上に比例する利益です。 売上から材料費・労務費等の原価を引いて計算しました。
営業利益は本業の成績表です。売上総利益から会社を維持する販管費を引いて計算しました。 今回は、営業利益以降の、経常利益、税引き前利益、純利益をお話しします。

◆ 会社の成績を表す経常利益

経常利益は営業利益に、"毎年出てくるけど本業とは関係ない利益"を足して、 "毎年出てくるけど本業とは関係ない経費"を引いたものです。つまり、次のように計算されます。

 経常利益 = 営業利益 + 毎年ある収入(※) − 毎年ある経費(※)

  ※ 本業と関係ないもの

 毎年ある収入で本業に関係ないものは、営業外収益と呼ばれます。"本業"・"以外"・の収入なので"営業"・"外"・収益です。 営業外収益に含まれる代表的なものは預金利息などです。そのため、本業に集中している会社の場合、あまり営業外収益はありません。

 毎年ある経費で本業に関係ないものは、営業外費用と呼ばれます。営業利益と同じように、"本業"・"以外"・の経費という意味です。 預金利息と同じように営業外費用の代表的なものは、支払利息です。ほとんどの会社は銀行からお金を借りているので、 支払利息があります。

 このように経常利益は、本業の利益に、本業以外も含んだ毎年発生するものを全部合わせた利益になります。 そのため、経常的に発生する利益であり、会社の成績表と言われます。 毎年行う会社の活動に対して、出てくる利益なので、毎年の会社の成績というのはわかりやすい考え方です。 


◆ 税引き前利益って?

 税引き前利益は、経常利益(会社の成績)に、臨時収入を足して、臨時支出を引いたものです。つまり、次のように計算されます。

  税引き前利益 = 経常利益 + 臨時収入 − 臨時支出

 臨時収入のことを特別利益、臨時支出のことを特別損失と言います。どちらも、普段(経常)と違って特別な時だけ出てくるためです。 車などを売った時によく出てきます。何年か使った後の車は、財務諸表の上では、価値が1円になっています。(理由は後ほど説明します) しかし、それなりに動く車であれば、10万円ぐらいでは売れるかもしれません。この時の差額10万円-1円が特別利益になります。 トラックやショベルカーなどの重機は結構高く売れるため、おおむね特別利益が出てきます。

 これとは別に、買って1年ぐらいの車で事故を起こした場合には、特別損失が出ます。 価値のある車がつかえなくなってしまうのは損ですよね。あまりないとは思いますが、保険に入っていないと事故の補償が必要です。 財務諸表では、会社にとって利益か損失かで表現するようになっているため、被害者への支払は、会社から見ると"損"と表現されます。

 このように臨時の収入や支出を計算したものが税引き前利益です。


◆ 純利益は会社の最終利益

 最後に純利益です。純利益は税引き前利益から税金を引いたものです。つまり、次のように計算されます。

    純利益 = 税引き前利益 − 税金

 会社は利益がでると税金を払う必要があります。計算はいろいろ細かいのですが、きまったルールで計算されます。 財務上は税金も経費だと考えますので、経費を引いた、純粋な最後の利益が、純利益となります。


◆ 利益のまとめ

利益のまとめ

 ここまでの利益についてまとめると、このような感じになります。用語は決まっているので覚えなければいけないのですが、 まずは、ざっくりとイメージをつかんでもらえればと思います。

次回からは経費です。次回は、原価についてお話しします。


◇◇ コラムの更新をFacebookページでお伝えしています。 ◇◇
  Facebookご利用の方は、こちらから「いいね」していただくと便利です。

◇◇ コラムの更新をamebloでお伝えしています。 ◇◇
  amebloご利用の方は、こちらから読者登録いただくと便利です。

この他にもコラムを掲載しています。興味がありましたらこちらをご覧ください。





おもてなし企画認証2019  AICHI WISH  ポジティブアクション宣言  仕事と介護を両立できる職場環境宣言  全国社会保険労務士連合会 働き方改革取り組み宣言  WeLove赤ちゃんプロジェクト