3大お困りごとの"お金"、"人財"、"未来"を見える化。お困りごとを解決します。

財務分析実践編:ソフトバンク2018年3月期

 分析は、有価証券報告書をもとに実施します。有価証券報告書とは株式公開をしている会社が会社の情報を報告するために義務付けられているものです。 今回は、ソフトバンク2018年3月期を、中小企業の視点から簡易な財務分析を行います。 本来、財務諸表は貸借対照表→損益計算書の順で行いますが、財務分析が苦手な方でも入りやすいように損益計算書→貸借対照表の順で行っていきます。

今回は財務状態を表す、資金別貸借対照表の2期比較をもとに分析を行います。

◆ 財務状態を見る貸借対照表

資金別貸借対照表の2期比較

 資金別貸借対照表の前期と当期の比較です。
 資金別貸借対照表とはお金を安定性によって色分けすることで、会社の財務体質をわかりやすくしたものです。 どのような方法でお金を調達し、どのような方法にお金を使ったかを、資金を安定性の面から区分けして見ることができます。

 損益資金:会社がこれまでの経営で蓄えた資金
 固定資金:長く安定して利用できる資金調達と、長期間資金が寝てしまう資金運用のバランス
 売上仕入資金:売上債権と支払債務のバランス、特にサイト(債権回収もしくは債務支払の期間)の差
 流動資金:すぐに支払う債務、すぐに受け取る債権のバランス

 簡単に言えば、上のほうにあるものは、安定した動きの少ない資金、下のほうにあるものは出入りの激しい資金です。

 ここまでの数字を意識した経営方針により、効果的に利益を積み上げており、その利益の積み上げが多額の損益資金を構成しています。 同様に当期の利益が損益資金を底上げしており、結果的に2017年3月期より大きく安定した企業体質を構築しています。

 これに対して、固定資金が大幅悪化しています。この要因は投資有価証券が大幅に増加していることにあります。 同時期の固定負債の増加分については、投資資金の捻出だと推定されます。この捻出をもってしても不足する分が固定資金を悪化させました。 しかし、十分な損益資金を元手に、将来の利益を見越した投資資金であり、戦略的な実施であると推測されるため問題はないでしょう。

 売上仕入資金は数字上、若干回復していますが、全体から見れば誤差の範囲だと思われます。

   最後に、流動資金が大きく増加しています。この増加分で手許キャッシュを維持しています。 資金の捻出の多くは、短期の借入金等によるもので、投資資金に一部回っている可能性があります。 自己資本比率は20%程度と低く、資金をどんどん借り入れて会社の成長を促進していると推測されます。 急激な成長を目指す公開会社では、あり得る範囲の資金利用です。

 これを中小企業の視点から見ると、自己資本比率が20%程度しかなく、非常に危険な会社になります。 急激な成長中の起業であればありうるのですが、その場合であっても、大手企業ほどの信用力がなく 資金の捻出が徐々に困難になりかねません。 金融機関からの資金の捻出がストップすると、自転車操業になります。 急成長中の黒字企業の破綻という典型的な状態になるため、注意が必要になります。 どこでいったん安定させるかということを考えなければいけません。

 逆に、ソフトバンクのような急成長を行う公開会社では数字上は想定通りと言えます。 株主からの投資に対する配当(利息相当)は年7〜8%程度は求められるため、年1%程度の利息である 借入金は非常にコストの少ない資金と言えるためです。 公開企業と中小企業の投資資金に対する視点の違いが、表れていると思います。


今回で本事例を終わります。よろしければ、他の事例もご確認ください。


◇◇ コラムの更新をFacebookページでお伝えしています。 ◇◇
  Facebookご利用の方は、こちらから「いいね」していただくと便利です。

◇◇ コラムの更新をamebloでお伝えしています。 ◇◇
  amebloご利用の方は、こちらから読者登録いただくと便利です。

この他にもコラムを掲載しています。興味がありましたらこちらをご覧ください。





おもてなし企画認証2019  AICHI WISH  ポジティブアクション宣言  仕事と介護を両立できる職場環境宣言  全国社会保険労務士連合会 働き方改革取り組み宣言  WeLove赤ちゃんプロジェクト