3大お困りごとの"お金"、"人財"、"未来"を見える化。お困りごとを解決します。

財務分析実践編:タカタ2017年3月期

 分析は、有価証券報告書をもとに実施します。有価証券報告書とは株式公開をしている会社が会社の情報を報告するために義務付けられているものです。 今回は、タカタの2017年3月期を、中小企業の視点から簡易な財務分析を行います。 本来、財務諸表は貸借対照表→損益計算書の順で行いますが、財務分析が苦手な方でも入りやすいように損益計算書→貸借対照表の順で行っていきます。

 今回は収益性を表す損益計算書の3期比較をもとに分析を行います。

◆ 収益性を見る損益計算書

3期比較売上・粗利益・経常利益・固定費

3期比較粗利益率・経常利益率


こちらが、グラフのもととした数値です。
損益計算書抜粋

 上図が売上、粗利益、経常利益、固定費(販管費・営業外損益)の3期比較、下図が粗利益率、経常利益率の3期比較です。 有価証券報告書では変動費と固定費の分解がきちんとできませんが、本コラムは簡易な分析ですので、売上原価を変動費、販管費等を固定費として取り扱います。 適切な分析を行う場合には、売上原価に該当するものを変動費と固定費に分解する必要があります。 また、営業外損益は毎期大きな変動は少なく、その金額も販管費と比べると少ないため固定費に含んでいます。

簡単な用語解説
変動費:売上の増減に応じて変動する費用。主なものは材料費。
固定費:売上の増減にかかわらず毎期一定の費用。主なものは人件費や建物の減価償却費。
粗利益:売上総利益の別称。売上から原価を引いた利益。
経常利益:粗利益から固定費を引いた利益

 2016年3月期に比べ2017年3月期に売り上げが8%低下しており、2015年3月期と同程度になっています。その分を固定費の削減で対応することで利益を確保しています。 そのため、売上の増加した前期より当期のほうが利益が増しています。 利益率でみると16%→17%→18%と増加しており、事業運営の効率化が見られます。
 この3期の数字から、タカタの現在の体制では660十億円前後が適した売上額だと推測されます。 売上の増加のみに注目して増収を目指しても利益が付いてこなければ、意味がありません。 ましてや減益になる経営では忙しいけど儲からない状態となってしまうため、注意が必要です。
 粗利益率は、業界最大手のデンソーが17%程度なため、タカタの本業の稼ぎの構造も非常に優れていると考えられます。
総合的に、本業は非常に安定して高収益が稼げる構造であるといえます。

●特別損失について

 2017年3月期の有価証券報告書では、2016年3月期の特別損失が44十億円、2017年3月期が特別損失が132十億円計上されています。 この損失により当期純損益が2016年3月期はマイナス12十億円、2017年がマイナス78十億円と大きく落ち込んでいます。
 特別損失の内訳はリコール、製造物責任、その他関連費用です。 業態は非常に高収益な構造にも関わらず、誠実な事業運営を行っていなかった結果、大きな損失が出ることとなりました。 短期的な利益ではなく、会社の継続性を念頭において、信用を失わない経営を行う必要があります。


次回は、資金別貸借対照表を用いて財務状態を分析します。


◇◇ コラムの更新をFacebookページでお伝えしています。 ◇◇
  Facebookご利用の方は、こちらから「いいね」していただくと便利です。

◇◇ コラムの更新をamebloでお伝えしています。 ◇◇
  amebloご利用の方は、こちらから読者登録いただくと便利です。

この他にもコラムを掲載しています。興味がありましたらこちらをご覧ください。





おもてなし企画認証2019  AICHI WISH  ポジティブアクション宣言  仕事と介護を両立できる職場環境宣言  全国社会保険労務士連合会 働き方改革取り組み宣言  WeLove赤ちゃんプロジェクト