3大お困りごとの"お金"、"人財"、"未来"を見える化。お困りごとを解決します。

財務分析実践編:シャープ2018年3月期

 分析は、有価証券報告書をもとに実施します。有価証券報告書とは株式公開をしている会社が会社の情報を報告するために義務付けられているものです。 今回は、シャープの2018年3月期を、中小企業の視点から簡易な財務分析を行います。 本来、財務諸表は貸借対照表→損益計算書の順で行いますが、財務分析が苦手な方でも入りやすいように損益計算書→貸借対照表の順で行っていきます。

今回は財務状態を表す、資金別貸借対照表の2期比較をもとに分析を行います。

◆ 財務状態を見る貸借対照表

資金別貸借対照表の2期比較

 資金別貸借対照表の前期と当期の比較です。
 資金別貸借対照表とはお金を安定性によって色分けすることで、会社の財務体質をわかりやすくしたものです。 どのような方法でお金を調達し、どのような方法にお金を使ったかを、資金を安定性の面から区分けして見ることができます。

 損益資金:会社がこれまでの経営で蓄えた資金
 固定資金:長く安定して利用できる資金調達と、長期間資金が寝てしまう資金運用のバランス
 売上仕入資金:売上債権と支払債務のバランス、特にサイト(債権回収もしくは債務支払の期間)の差
 流動資金:すぐに支払う債務、すぐに受け取る債権のバランス

 簡単に言えば、上のほうにあるものは、安定した動きの少ない資金、下のほうにあるものは出入りの激しい資金です。

 シャープの2018年3月期の資金別貸借対照表を確認すると、前期と比較して損益資金が大幅に向上しています。 最も大きな要因は損益資金である資本剰余金を使って、繰越利益剰余金を改善したためです。 純資産の部を、より良い構造に変化させるために行ったと考えられます。 このように、今後は正常な会社運営をしていくというアピールを財務諸表の上で行うことは効果的であると考えます。 また、組織変更により、利益の出る体質となったため、今後は繰越利益剰余金も増加していくと考えられます。

 固定資金の大幅な減少は、損益資金に厚みを持たせるための行為でした。 その他、他社の買収等により固定資産が増加しているため、若干、負債を増加させていますが、結果的に悪化する傾向となりました。

 3つ目の売上仕入資金の増加は、債権回収サイトが伸びたが、それ以上に債務支払いサイトが伸びたように感じられます。 もしくは組織の正常化に伴い、取引が増加したため、売上債権と支払債務がともに増加したとも考えられます。 どちらにしても、資金的には解消しているため、よい方向に進んでいると思われます。

 ここまでの結果、安定資金が増加したため、今後の成長に向けた投資可能資金が上積みされています。 構造改革後の積極的な攻めの資金が十分にたまっていると考えられます。

 流動資金の部の減少の1つの要因に短期借入金の返済が上げられます。適切な資金繰りのもとであれば、 借入金を積極的に返済していくことが望ましいと考えます。

 ネットキャッシュ比率が減少していますが、28.5%とまずまずな数字ですので、大きな問題ではありません。 減少の要因を見てみると、現金の減少と総資産の増加によるものです。総資産の増加の原因は、他社の買収によるものが大きな要因です。 組織変更後の積極的な攻めの方針と考えられるため、原因も十分に理解できる範囲だと考えられます。

 損益計算書だけでなく、貸借対照表においても適切な組織改革が行われたことが見て取れます。 新たな経営方針の変更等、非常に見事な変革だと考えられます。


次回は、今後のとるべき方針と事例から学ぶことです。


◇◇ コラムの更新をFacebookページでお伝えしています。 ◇◇
  Facebookご利用の方は、こちらから「いいね」していただくと便利です。

◇◇ コラムの更新をamebloでお伝えしています。 ◇◇
  amebloご利用の方は、こちらから読者登録いただくと便利です。

この他にもコラムを掲載しています。興味がありましたらこちらをご覧ください。





おもてなし企画認証2019  AICHI WISH  ポジティブアクション宣言  仕事と介護を両立できる職場環境宣言  全国社会保険労務士連合会 働き方改革取り組み宣言  WeLove赤ちゃんプロジェクト