月次決算書で経営を見える化。利益の上がる会社に!!
利益に導く会計パートナー 電話:0565-89-8888/営業時間 9:00-17:00(土日祝休み)

書籍紹介

コンサルタントの対話術

タイトル:年間報酬3000万円超えが10年続く コンサルタントの対話術
著者:和仁 達也
発行:かんき出版


書評と感想

 コンサルタントのタイプを先生型とパートナー型の2つに分けパートナー型に必要な対話の手法について かなり重要な情報まで書籍で公開しています。全体を通じて教えるのではなく気づいてもらうことの重要性や その時に必要な対話の考え方を伝えています。

 全体の流れは心の準備、新規営業時、コンサル開始時、課題の深堀、ペースを握る、対話で解決、落とし穴、長期契約締結という形で、 コンサルタントを始める前から、契約後長い期間の付き合いまで想定した構成です。そのため、どのフェーズのコンサルタントにとっても 非常に参考になる情報になっています。

 その中で対話術において最も重要なことは、「安心・安全・ポジティブな場を作ること」と著者は言っています。 先生として話す、パートナーとして話すということは重要でありながら、そのためには話をできる空間をコンサルタントが演出する必要があるとしています。 なぜなら、このような空間をコンサルタントが演出することができれば、社長は考えなどを簡単に話すことができるようになります。 その空間には失敗も恐れもないのですから。 その結果、新しい考えやアイデア、より良い結論など多くの結果につながっていきます。

 その他、自身の価値の考え方や、社長のどのようなところにアプローチするべきか、どのようなところに気を付けるべきか等、参考になる情報満載です。 例えば、自身の価値というのは、○○業はいくらという点ではなく、自分のサービスはなにと比べられるものなのか?ということを伝えています。

 これは、他の税理士と同じ税務申告をしているのであれば、税務申告の値段。しかし、財務分析をして戦略を共に作り上げるならば、社内のナンバー2に等しい。 そのように顧客にとってどのような価値があるのかという点で自分のサービスを認識できるようになることが重要だとしています。

 コンサルタントとして、顧客にどうやって接したらうまくいくのか、悩んでいる方は3読ぐらいをお勧めします。

 読者に向けて、さらにいくつかの特典付き+書籍からのセールスも行う等、その商売のやり方も素晴らしいと思います。



◇◇ コラムの更新をFacebookページでお伝えしています。 ◇◇
  Facebookご利用の方は、こちらから「いいね」していただくと便利です。

◇◇ コラムの更新をamebloでお伝えしています。 ◇◇
  amebloご利用の方は、こちらから読者登録いただくと便利です。

この他にもコラムを掲載しています。興味がありましたらこちらをご覧ください。





おもてなし企画認証2019  AICHI WISH  ポジティブアクション宣言  仕事と介護を両立できる職場環境宣言  全国社会保険労務士連合会 働き方改革取り組み宣言  WeLove赤ちゃんプロジェクト