月次決算書で経営を見える化。利益の上がる会社に!!
利益に導く会計パートナー 電話:0565-89-8888/営業時間 9:00-17:00(土日祝休み)

書籍紹介

いちばんやさしいInstagramマーケティングの教本

タイトル:いちばんやさしいInstagramマーケティングの教本
著者:甲斐 優理子
発行:インプレス


書評と感想

 基本的に、Instagramの使い方の本です。 SNSの中でInstagramはほとんど使ったことが無いため、基本から学ぶためいちばんやさしいシリーズを選びました。

Instagramユーザー数

 まず、Instagramを使う目的をきちんと定めて利用する必要があります。 なんとなく若者受けするからというスタンスで始めると、かなり苦労すると思います。 きちんと戦略を立てて、目的に少しでも近づくように工夫が必要です。

 利用年齢層は教本では少し30代以下に偏っているようです。 利用者数はGaiaxでも測定されており、Gaiaxでは教本よりも年齢層が高くなっていると感じました。 人口比でみるとまだまだ低年齢層のほうが利用者が多いですが、 30代、40代の利用者も増えてきており、若者だけのツールというイメージではなくなってきているようです。

 まず原則は自社アカウントを作成するところから始まります。自社アカウントには一般とビジネスとあるようです。 ビジネスアカウントを使うと、アクセス解析のような機能が付いてくるようです。 ビジネスアカウントは費用が掛からないらしいので、ビジネス用途で使う分にはアカウントを切り替えたほうが良いようです。

 他のSNS等と違い、投稿から他の商品などへリンクができないなど、使い勝手に癖があると感じました。 Instagramを窓口にするというより、Instagramは、オウンドメディアの一部としての活用が重要だと思います。 そこから、プロフィール⇒自社HP等への誘導する同線の一部が基本的な流れだと感じます。

 また、SNSツールではフォロワーの確保が重要です。 インフルエンサーやキャンペーンの利用により、フォロワーを増やし、 ストーリーでフォロワーとの関係性を強くすることが基本のようです。 一般的な投稿はフィードと呼ばれているようで、ストーリーとの使い分けを行います。 どちらの場合にも、検索キーワードとなるハッシュタグを適切に利用することが重要なようです。

 画像による感覚の共有や、若年層がターゲットとなるツールなため、 他のSNSと比べフォロワーの確保に苦労しそうなツールだと思いました。 その分、フォロワーをきちんと確保すれば使えるツールなのではないかと思います。

 Instagramでの広告を行うためには、自社店舗等の工夫も必要とのことです。 Instagramでは自社商品を自社の店舗内で撮影し、投稿してもらう流れを作る必要があります。 この時、いかに、ストレスなくユーザーが写真撮影ができるか?という準備が重要だそうです。 例えば、どの角度からとっても背景が美しく映るようにするとか、 フォトスポットをきちんと作っておく等の工夫が重要です。 このあたり、写真がメインなため、SNSと現実との境が非常にあいまいになっていると感じました。

 若者をターゲットにするいくつかの企業では、Instagramが有効に利用されています。 これは、大手に限らず小さな会社でも十分に可能で、『インスタ映え』という言葉の通り、 映える商品や環境等を上手に作ることができれば、大きな力を持ちます。 書籍で紹介されていたレインボーチーズトーストなどは、Instagramを意識した非常に上手な商品開発だと思います。

 Instagramに限らないのですが、基本的なWeb集客やマーケティング技法を ある程度理解していれば、ツールとターゲットの違いだと感じました。 自社アカウントを立ち上げて利用するだけであっても、最初は専門家に少し頼ったほうが効率が良いように思います。 ただ、どれかのWeb集客の基本を押さえていれば、発想は同じなようです。

 Instagramの場合、大規模にフォロワーを増やしたい場合、 インフルエンサーや投稿キャンペーン、広告等を使うことになると思います。 この場合にはかなりノウハウが必要なので、Instagramのキャスティング会社等の専門の会社を 導入したほうが良いように感じました。ただ、そのためにはそれなりに費用が掛かります。 そのため、零細企業の場合には、広告等は本格的に実施が固まった後の手段として、Web集客の基本に立ち返って コツコツと認知度を高める作業から始めるほうが方向修正や費用の面から良いと思います。



◇◇ コラムの更新をFacebookページでお伝えしています。 ◇◇
  Facebookご利用の方は、こちらから「いいね」していただくと便利です。

◇◇ コラムの更新をamebloでお伝えしています。 ◇◇
  amebloご利用の方は、こちらから読者登録いただくと便利です。

この他にもコラムを掲載しています。興味がありましたらこちらをご覧ください。





おもてなし企画認証2019  AICHI WISH  ポジティブアクション宣言  仕事と介護を両立できる職場環境宣言  全国社会保険労務士連合会 働き方改革取り組み宣言  WeLove赤ちゃんプロジェクト